• ホーム
  • トリキュラー以外のピルを好む人っているの?

トリキュラー以外のピルを好む人っているの?

微笑む女性

日本国内で販売されているピルのうち、特に購入者が多いといえるのは「トリキュラー」と呼ばれる製品で、とりわけ1シートが28錠になっているタイプは、飲み忘れを意識することなく服用を続けることができるため人気が高いです。
また、錠剤中の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が3段階に分かれており、指示通りに錠剤を服用すれば不正出血をはじめとする副作用のリスクを極力抑えられるようになっていることも人気が高い要因となっています。
一方で、トリキュラー以外のピルを好んで服用している女性は数多くいます。
トリキュラー以外で好んで服用されているピルとして挙げられるのは「マーベロン」と呼ばれる製品です。
こちらは錠剤に含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量がすべて同じであるため、生理日の調整がしやすく、トリキュラーのように飲む錠剤を間違うリスクを考慮することなく飲み続けることができるのが利点です。
また、近年はトリキュラーやマーベロンより錠剤中に含有されている卵胞ホルモンの量を少なくした超低用量ピルも販売されるようになり、ピルの使用者の中にはトリキュラーなどから超低用量ピルに切り替える人も多いです。
超低用量ピルは、従来のピルから卵胞ホルモン剤に使用する成分と含有量が変更されており、服用開始後に生じうる副作用のリスクを低減させつつ、従来のピルと同程度の避妊効果を得ることができるのが特徴です。
超低用量ピルの製品には「ルナベル配合錠ULD」と「ヤーズ配合錠」の2種類があり、前者はマーベロンとほぼ同じ要領で飲み続けられるため、従来のピルから移行しやすいことが、後者は従来のピルより実薬の服用期間と休薬期間(偽薬の服用期間)が異なることが特徴です。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧